各会社クレジットカードの利用可能店舗数を比較

クレジットカードの利用可能店舗数は、正式には公開されていないところがあります。ただ、発行会社よりも提携している国際ブランドによることがあり、国際ブランドに加盟しているかどうかで利用できる店舗が決まることがあります。国際ブランドとは、カード決済にあたり、場所や時間を問わずに決済可能なシステムを提供している会社を指しています。日本の場合は、アメリカの会社の国際ブランドのVISAやマスターカード、日本国内の国際ブランドJCBの3社の加盟店が多く、これらの国際ブランドが付いているカードを保有していれば、ほぼ利用可能な店舗をカバーすることができます。同じ発行会社のカードを違う国際ブランドで複数発行するのが難しい場合があり、違う発行会社のカードで自分に合ったものを比較して3枚以上持ち、国際ブランドを分けるといいでしょう。

海外に行く際にはどの国際ブランドのカードを持つべきか

会員数や加盟店数は非公表ですが、国際決済業務から考えてVISAやマスターカードの2代ブランドを持っていれば、決済には困らないと見られています。強いて言えば、VISAはアメリカに強く、マスターカードはドイツの決済会社と合併したためにユーロ圏で強いと言われていましたが、現在ではあまりシェアが変わらないと見られています。ちなみに日本では、クレジットカードのシステムを提供する会社がVISAとマスターカードの両方を取り扱っていることから、加盟店がほぼ同数と考えられています。中国に行く場合は、シェアが大部分を占めるため、ユニオンペイのついたカードをよく比較して検討するといい場合があります。ただ、決まったカードにしかオプションとしてつけられないですし、デビットカードのような性格のカードですので、短期的な旅行で、行く範囲が主要地域に限る場合は必要ないでしょう。

JCBのついたクレジットカードを持つ意味

JCBのついたクレジットカードは、VISAやマスターカードと比較すると、海外では使いにくい一面がありますが、日本人旅行客の多い、韓国や台湾、ハワイやグアムなどでは利用できる店舗が多いです。アメリカンエキスプレスやダイナースクラブ、ディスカバーなどの国際ブランドとも提携していることから、それらの加盟店で利用できることもあります。利用可能店舗は少ないかもしれませんが、保有していると便利な場合があります。海外からでも日本語のサポートデスクが利用できる場合があり、トラブルに巻き込まれた場合に非常に助かることがあります。VISAやマスターカードのように、提携だけのカードと違い、JCBの会社から直接独自のカードが発行されていることがあります。国内外での利用時に保障の手厚い保険や、コンシェルジュデスクなどのサービスなどがつき、様々なサービスが受けられるため、ステータス性を求める方に好まれる傾向があります。